<   2004年 05月 ( 72 )   > この月の画像一覧

 今日はこの場を借りて、昨年の6月に施行された「区民の健康を守る条例」を弾劾したい。
 このブログではできるだけ時事問題や政治・経済の話題は避けようと誓っていたのだが、この悪法にはもう我慢できないのだ。

 ニュースにもなったからご存知の方も多いとは思うのだが、いま、僕の住む17区では、塩入りの食べ物を提供・販売することが条例によって禁止されている。食塩そのものは西の大市場の「食塩管理協会本部」で身分証明書を提示すれば購入することができる。でも、驚くほど高い税金がかけられていて、なかなか気軽に買うことはできない。

 17区中のカフェーや食堂で出されるのは、塩味のまったくない食べ物だ。ケバブーも春巻もチキンスープも、17区で食べるとまったく味が違う。塩気のないホットドッグ、食べたことある? ティッシュペーパーを丸めて噛んでるみたいな味しかしない。

 もちろん家で塩味の物を食べることは許されているけれど、母が塩嫌いなのであまり食べられないでいる。仕方ないから、時々、こっそりと台所で塩を舐めるくらいだ。深夜の冷え込んだキッチンの床に座り舐める食塩は実に無機的な味がする。

 17区の状況を良く知らない方も多いと思うのでざっと説明すると、17区はこの国のどんな自治体よりも先進的で過激な施策を次々と導入することで知られている。特に3年前に区長が共和党系の若手、時計田ミミオ氏になってからはさらにその傾向は顕著で、特に区民の健康増進に関してはどんどん大胆なサービスが実施されている。そういう区に住んでいることは僕の誇りでもある。それは今でも変わらない。

 でもやはり今回の条例だけは、少しやりすぎなのではないかと、僕は思っている。

 もちろん条例に断固反対の立場をとり、堂々と塩入りの料理を出してくれるバーもまだいくつかある。そういうお店はどこも塩好きの大人で大繁盛だ。しかし、おそらくそれも時間の問題だと思う。管理協会のかける税金は年々上昇を続け、彼らの経営を確実に圧迫しているからだ。

 もちろん、理屈はよく分かる。塩分摂取が高血圧を引き起こすことは医学的にも明らかであるし、近年は胃がんとの相関関係も指摘されている。確かに健康に良い物ではないのだ。特に大量に摂取してしまう人は寿命も短いことは統計的事実ではある。

 しかし、だ。別に体に悪いものなら他にいくらでもあるではないか。牛肉のコレステロールは? 乗合電車の蒸気噴煙は? 仕事のストレスは? 塩辛い物を食べて早死にするのなんて、個人の自由なんじゃないのか?

 でも、そんな議論をすることさえ犯罪、といったような雰囲気が、今の17区にはある。昨今の健康ブームも手伝って、国中のムードもバッドイメージ一色だ。大半の企業では、すでに室内で塩分を摂ることを自粛させている。会社の屋上で寒風に吹かれて食べる昼食の寂しさとむなしさ。みんなこの雰囲気が耐えられなくて次々と禁塩を心がけるようになるという。

 少量の摂取なら特に健康には問題がないことは科学的にも分かっている。でも、ちょっとでもマスコミが騒ぎ立てると「塩分=全面的に悪!」という世論がすぐさま形成されてしまうのが17区の奇妙なところだ。過激なほうの意見を代弁すれば、塩分を取りすぎる人は区民の負担である医療費を無駄に使わせてる税金泥棒なんだそうだ。ふうん。僕らは税金大目に払ってると思うのだが。

 もっと恐ろしいことに、隣の13区や、王宮のある6区の一部地域でも、同じように食塩を禁止しようという動きがある。嫌塩権という概念がこの国全体に浸透しつつある今、いつ食塩が全面違法化しても不思議ではない。これを個人の自由の侵害と言わずして何と言おうか。

 今、17区では、スポーツクラブに入会する区民が増えているという。健康のため? 違う。たっぷり運動してかいた汗をこっそりと舐めるためだ。この条例のおかげで運動をする区民が確かに増えたというのもなんだか皮肉なことなんだけど。

 今僕は、この場を借りて声を大にして言いたい。

 僕は、街で気軽に塩を食べたいのだ。ただそれだけなのだ。別に塩が嫌いな人に無理やり塩を食べさせようという気もないし、塩が嫌いな人の前では塩入りの食品を食べないだけの分別もある。

 区長および17区民のみなさんに言いたい。もう一度、冷静になって考えてくれ、と。自分の腕をこっそり舐める人生なんて、僕にはもうこれ以上耐えられないのだ。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-11 05:14 | 妄想日記
マスカラも作り笑顔も絶望もしっかり落とせジェルの力よ
---
 枡野さんすみません、また鏡を見ないで詠んじゃいました。
 別のブログを立ち上げ、kanashima-hinaさんの写真などを適当にプロフ画像にしてしまったらどうだろう。20歳学生、趣味はラクロスとオーボエです、みたいなプロフィール付きで。そして思いっきり女装短歌を詠いたい。そんな気分だ。もちろんペンネームは流川美月とかだ。どうだ。何がだ。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-10 23:14 | あらら短歌
 萩原蛍子さんより、「少なくともうちのワニは笑う」というようなメッセージをいただいた。いや、いただいていないのだが、萩原さんはこんな歌を詠んだ。


あららさん ワニならうちに一匹いるよ いつも笑って 御飯食べるよ(萩原蛍子)


 なかなかに素敵な歌なのだが、それよりも、人生で歌に折り込まれたのは初めてで、動揺している。(「あらら」というのは歌を詠むときの僕の名前で、マスノ師からちくちく言われ続けているが変える気はない。)
 しかし歌に詠まれるというのは何やら不思議な気分である。顔写真が雑誌に載るより照れる。なんというか、背中の、ちょうど両手が届かないしまごの手使ってもなんか力強くぼりぼりできない所が痒い、そんな風だ。それとか、田舎のおじいちゃんがNHKのど自慢に出てるけどリモコンが見当たらなくてチャンネル変えられないような感じ。
 竹田シロには申し訳ないことをしているのかもしれない。もちろんワニにもにもゴルゴにもだ。

(萩原さん、無断転載すみません。)
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-10 20:31 | あらら短歌
同窓会みたいな気持ちで見ています 久しぶりだなヤマトの諸君
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-10 18:52 | あらら短歌
失われた過去を求めて

 過去の今日の日付の日記を公開して後悔するプロジェクトがつながっているので参加してみよう。
トラックバックのトラックバックのトラックバックだ。願わくば、次の方もここからトラックバックしていただかんことを。

 というわけで、4年前にネット上で僕が公開していた、詩のような何かである。五月分全てを一挙公開だ。
---
2000/5/31
メール
「ちょうしわるいな・・・」なあさに すきなひとのメールとどいたら それでまあおっけーないちにちだったりもします /いいいちにち

2000/5/30
いいしごと
すごくいいしごとのあとに  すごくいいなかまとビール  チームっていいなと思うよね /いいいちにち

2000/5/27
せっしょん
いきつけののみやでうくれれをずっとひいてた もたつくゆびでとなりのおやじとどろよいせっしょん /いいいちにち

2000/5/25
だけで
あつい日 ときどき気持ちのいい風が部屋をすり抜けていくだけで /いいいちにち

2000/5/24
はれ
あまりにもいいてんきなので意味もなく おふとんをほしてみたりしてみた きょうはおひさまの匂いといっしょにねるね /いいいちにち

2000/5/21
おやすみ
おひるにおきて だれにもじゃまされないじかんが ゆっくりながれる /いいいちにち

2000/5/12
忘れないよ
むかしの旅のからいきろくをよんでてむねがちくちくした 忘れちゃった日々よりよっぽど しあわせなぼくの旅の記憶たち /いいいちにち

2000/5/9
君が
めずらしく化粧して めずらしくおしゃれして きみが ぼくのどきどきした視線にちょっと照れている /いいいちにち

2000/5/8
あえるね
あいたかったひととあえるひ なれないヘアスプレーをつけてかがみのまえ どきどきしてみる /いいいちにち

2000/5/7
かんぶつ
おみやげに買ったかんぶつをははとわけて さいきんはりょうりのことがもっぱらのわだい /いいいちにち

2000/5/1
ひっこした
まだ段ボールだらけでふとんをしくのがやっとだけど きみがとてもうれしそうだからこのいえは とてもいい家だとおもう /いいいちにち
---

 うん、確かに、恥ずかしいぞ。
 絵文字は使いたくないが、ほんとうに気分は orz だ。大きくすれば ○| ̄|_ だ。

 このころは、体調も悪くて、でもすがるように仕事をやっていて、無理やりに前向きに生きようと努力していた、ような記憶がある。それに今みたいに深酒もしていなかった。対戦成績で言えば2勝3敗くらいである。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-10 18:12
五年間鏡見つめて編み出した大人スマイル 今だ! 出すんだ!
---
 分かってます師匠、鏡を見ながら歌を詠め、とおっしゃりたいのでしょう? 三十路を迎えた、二度目の独身時代を過ごす男が詠んじゃいけない口調だと苦々しくお思いなのでしょう? これ、どうみても女子中学生とかの詠む歌よねぇ……。というか、女子中学生になりきった変態オヤジの詠む歌。あぁ、最低だわワタシ……。
 でも師匠、ワタシはいつまでも乙女心を忘れられないわ。ついでにマジンガーZも忘れないの。師匠はNHKしか見せてもらえない少年時代を過ごしたみたいだから解説しておくと、「今だ!出すんだ!」っていうのはワタシの子供の頃流行った「マジンガーZ」の主題歌から取ったの。
 乙女心とロボットアニメ。もう気分は「サクラ大戦」の広井王子みたいだわ。はーしーれー、こーそくのー。……実はあんまり詳しくないんだけど。
 でももういいんです。これはそういう、ワタシの心の闇のオタクヘドロの底で産まれてしまった歌なんです。そんなこといったら、宮崎駿さんだって、阿久悠さんだって、見た目と作品全然違うじゃない! え? 短歌じゃないからそれはいいの? そうなの!? あ、ほんとだ、師匠の本にもちゃんと書いてあったわ……。
 ああもう、中身と外身が全然違うのって、辛いわぁ。


※あまりにもひどい(続く言い訳も)ので、投稿するべきかかなり躊躇している。
※さらに、また女性ファンを減らしてしまったような気がしている。

[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-09 06:43 | あらら短歌
 田代まさしさんがまだ芸能活動をされていたら、ここ1週間は絶対にポケットに忍ばせていたであろう一品。






a0011861_19576.jpg

(参考ニュース)

[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-08 19:58
 うどんについて推敲している 夏休みです。

こしのあるつるつるとしたのどごしのうどんみたいに君が笑った

 と、ひらがなにした方がつるつる感が出ているような気がした。前作は読みにくさに配慮してカタカナなど入れてみたのだ。
 これで納涼感が増した感じがする。初夏、古民家の軒先にて妙齢の婦人と笊饂飩など食してゐるやうだ。
 ……あ、それと、「お前」っていうの、なんか、演歌みたいに聞こえるかな、ってちょっと思ったのでそれもいじりました。まあ、「整った」という感じですよね。ベタになりましたが。

 でも、実は僕が本当に好きな着地点は、

こしのあるつるつるとしたのどごしのうどん笑いはお嫌いですか

 です。ここまで来てしまうと読者の共感なんて絶対得られない気がする。いや、前の歌でも得られない、と言われるとつらいのですが。自分の「好き」と世間の「好き」との絶望的な乖離を修正できない元オタクの悲しい生き方よ。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-08 19:17
「風が吹いたら、桶屋が儲かる」

とか

「北京で蝶が飛ぶと、ニューヨークの天気が変わる」

とか、

「江角マキコが年金払わないと、日本の官房長官が辞任する」

とか。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-08 11:19 | 小ねた

<日常>後悔。

 一つ前の記事、日付を見ると昨日の夜酔っ払って帰ってきて書いたらしいんだけどほとんど記憶にない。しかも投稿してるじゃん! こんな意味不明な歌。うわー。タイトルとかもなんか「らーーーー」とかなってるし。ほんと怖い。

 誰か僕の昨日の記憶を返してください。らーーーー。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-08 10:40