<百店>81:「花より団子」的マーケティングとは何か。

 あんまりエキサイトブログにいないタイプの人として、親切にビジネス技法を教えてくれる人、というのが挙げられると思う。エキサイトブログの魅力は「自由放任」。そういう先生タイプの人はすごく少ない。

 そんな中、僕が唯一「先生!」と思えるブログは、ここ、ito_ichiro先生の「ことわざからマーケティング」だ。ことわざをもとに、現代のマーケティングのヒントを教えてくれる、なんだかTV東京のお昼の経済コメンテーターみたいな素敵なブログだ。

 といいながらマーケにはとんと縁がない仕事っぷりのささきはしばらく見ていなかった。久しぶりに見たら、先生は「いろはかるたからマーケティング」に挑戦しておられた。「いぬも歩けば棒に当たる」……、うん、確かにマーケのヒントがありそうです先生。

 でも、
【は】花より団子
 は、あのぅ、マーケティングにつながりにくいかと……。先生も「誰にも遠慮の要らない場でのコミュニケーションは楽しいものです。」など、マーケから離れて結論されてしまった。
 たぶんこの先どんどん強敵が待ち構えていますよ、先生。「律儀者の子沢山」とか「亭主の好きな赤烏帽子」とか、どうやってマーケ話に持っていくんでしょう。すごくどきどきしながら、これからも読ませていただきたいと思います。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-06-12 10:20 | トラックバック100連発