<百店>60:よみやすさなんてくそくらえだとぼくはおもうたわけです

 まあ一応、長い文章を打つときは改行をこまめにするとか、短い文章でもあんまり一行が長くならないようにとか、そういうことを考えてブログを書いている人が多いとは思うんですよ。

 まあ、僕は結構ひどいほうなんですけど、それでも、改行には最低限は気を遣っている。

 でも逆に、全然こだわらないで書いちゃう、というのも一つの美学であるように思えてきた。このブログを読んでから。

taptapさん「なんでもかいてしあわせになろう!」

 どうやら僕が生まれる前からヨーロッパに住んでらっしゃる方で、もしかしたら機械的な理由で単に改行が打てないだけかもしれないんだけど、それにしてもここまで密集した文字をブログで目にする機会はそうはあるまい。なんか読み始めるともうなれちゃうのだ。そして結構中毒になる。

 オススメは、さらに読みにくさがアップした(でも内容は結構いけるんだよ、これが)、

おだいじに

 うーん、やっぱこれ、パソコンの調子が悪いとかなのかなあ?
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-06-12 06:04 | トラックバック100連発