<詩歌>首都はジャカルタ。

笑うしかないほど寝坊した朝もインドネシアは常夏だろう
笑えない駄洒落を聞き流す今もインドネシアは常夏だろう
笑いつつ一人ふとんを敷く夜もインドネシアは常夏だろう

---
 太郎を眠らせ 太郎の屋根に雪降りつむ、みたいなリズムで並べてみました。季節は違うわけだが。東南アジアに早く帰りたいささきである。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-05-11 12:06 | あらら短歌