<日常>日刊ぼんやりジャーナル。

 僕の携帯には不思議なサービスがあって、月額100円を支払うと、定期的に芸能ニュースなどを配信してきてくれる。

 あ、あったあった。このサービス(Vodafone)
 どうでもいいけれどVodafoneのウェブサイトはすごく使いにくい。僕の要領が悪いだけかもしれないけど、Vodafoneのサイトに行くと、僕はかなりの頻度で迷子になる。
 さらにどうでもいいけれど、僕が昔ウェブの仕事をしていた時、こういうナビゲーションが下手なサイトのことを「樹海度が高い」と表現していた。偏見だったら申し訳ないが、電話会社と車メーカーのサイトはたいがい、樹海レベルが異常に高い。行きたい場所に決して行けないバーチャル富士樹海だ。

 あ、そうだ、携帯の話でした。失礼。

 この100円ニュース配信サービスは、例えば野球の結果とかが見たいときには便利なのだが、残念なことが一つだけある。

 やや、ほんの少し、情報量が少なすぎるのだ。こんな具合。


 芸能TOPニュース
 *たけしと仕事したい
 *アイドルが投資お願い
 *ヌードにはなりません


 映画館の前の席にすごく頭の大きい人が座っちゃって字幕が見えなくなっちゃったみたいな、朝起きて夢の続きを追っかけてるうちになんだかどんどんディテールを忘れてっちゃったみたいな、著しい情報ぼんやり感。

 ヌードにならないのが誰なのかは、分からない。それは僕らの想像力に完全に委ねられている。視聴者と共同作業で作り上げるという意味で、もしかするとこれは新しいタイプのインタラクティヴ・ジャーナリズムへの果敢な挑戦なのかもしれない。ウェブサイトを見ると記事の詳細がちゃんと載っているらしいのだが、そんな手品のタネみたいなもの見たら楽しみが減っちゃうので僕は見ません。

 とにかく、このぼんやり感の虜になった僕は、毎日このニュースの配信を楽しみにしている。

 ちなみに、僕の中での歴代最高作品は、

 *山田が優勝

 です。結局いまだに山田さんが何で優勝したのか知ることなく現在に至っております。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-04-27 00:02