<名前>万国のプロレタリアートよ、立ち上がれ。こういう時に。

 小説 「蟹工船」は北の海でカニの缶詰作らされる悲しい労働者の話だ。資本家階級の搾取に抵抗し、遂に立ち上がる労働者の思想と行動を描いたプロレタリア文学の代表作である。

 が、そんなことより、さっき同名のカニ料理屋を発見した。

 多喜二も天国で仰天してると思う。
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-04-20 20:41 | 小ねた