<詩歌>ラブソングを君に。

ラブ三世

すごい名前だ

ラブ
  しかも
      三世

ラブ
  さらに
      三世

父さんは
ラブ二世か

長男は
ラブ四世か

日本だったらお前
絶対いじめられてるだろう

ああ
ラブ三世よ

すごい金持ちそうな名前だな
ゴルフとかやってるし
お前
金持ちだろ

でも
僕はラブ家に生まれなくてよかった

名前でいじめられるなんて
いやだ

蝶ネクタイつけて学校行かされたりするのも
まっぴらだ

金持ちのラブよりも
貧乏の佐々木

金持ちのラブよりも
貧乏の佐々木

金持ちのラブよりも
貧乏の佐々木

やばいちょっとへこんできた

ああ
ラブ三世よ

今思ったが 響きが
乱一世にちょっと似てるな

ああ
ラブ三世よ

もしかして君には

マグナム撃つのがうまい帽子とか
何でも切れる日本刀を持つ剣士とか
(叶美香+藤原紀香)÷2とか

そういう友達がいたりするのか
そうかお前はそっちの三世だったのか

だとしたら僕もラブになりたい

          (ささき詩集『いんちきパヒューム』25ページより)
[PR]
by AyatoSasaki | 2004-04-19 14:09